カテゴリー

【7日間無料メール講座】『写真と動画で分かりやすい!初心者でも描ける♪願いを込めるヘナアートレッスン』ヘナアート模様の意味と描き順が7日間メールで届きます♪
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

archives

ヘナボディアートとは

0

     

    Mehndi(メヘンディ)はインドの言葉(ヒンディー)でヘナボディアートのこと。
    砂漠に育つヘナという植物の葉のペーストで描くボディアートです。
    肌の角質を染めるので、1週間〜3週間で自然と消えていきます。

    メヘンディにかける願い

    インドではおしゃれを目的にされることもありますが、

    結婚式で結ばれる二人が「二人が長く幸福に暮らせますように」という願う儀式的なものです。

     

    これは「MEHENDI(メヘンディ)」と呼ばれ、他にも「元気な体でありますように」「良い人に巡りあえますように」「仕事がうまくいきますように」というふうに、おまじないやお守りのような存在で親しまれています。

     

    その他にも描かれる絵柄・模様によって金運や仕事運、総体運などさまざまな意味があり、

    絵柄に願いをかけ、自分を勇気づけたり、元気付けるのがメヘンディの本当の意義なのです。

    メヘンディの特徴はその模様と意味にあります。
    全部で十数種類のモチーフがあり、それぞれに恋愛運や金運アップなどの願いがこめられています。

    一つ一つの模様に意味のあるインド式と、

    流れるデザインが美しいアラビア式を組み合わせて、

    一人ひとりの雰囲気やその日の気持ちに合わせてデザインをアレンジしています。
    願い事を組み合わせて描くこともできます。

    決まったデザインを写して描くのではない、
    自分だけのヘナボディアートを楽しんでいただけます。

     


    ヘナボディアートの描き方

    0

      ヘナボディアートを描くのにかかる時間は5分〜15分ほど。

      ある程度ドライヤーで乾かすのにプラス15分ほどで出来てしまいます。

      ヘナボディアートの染まりは個人差があり、体の部位、描く状況にも左右されます。


      体温や気温が高いほど濃く染まります。

      ヘナは角質に染まるので、古い角質は取り除いてから描くほうが長持ちします。

      角質の多い手先や足先は濃く染まり、皮膚のやわらかい胸元や二の腕は薄く染まって消えていくのも早いです。


      ヘナペーストを肌に乗せるように描いていきます。
      よく「痛くないのですか?」と聞かれますが、痛いことは何もありません。
      天然のヘナが持つ鎮静作用で、少しひんやりして気持ち良いくらいです。


      描きあがりました。

      チョコレートのデコレーションのように肌にぷっくり乗っています。


      肌にのせたヘナペーストをドライヤーである程度乾燥させていきます。

      肌にヘナペーストを長い時間置くほど濃く染まるので、暖かい日や夏は時間をかけて自然乾燥するのもいいですね。


      表面が乾きました。中はまだ柔らかい状態なので、30分ほどは強く押さえないようにしましょう。


      乾いたヘナペーストが落ちないように模様の上から保護テープでカバーし、模様が定着するのを待ちます。
      描いたその日は水に溶けやすいので、お風呂はヘナペーストをはがして5時間以上は後にしましょう。できれば翌日の朝以降にするほうが色が長持ちします。

       
      2時間〜24時間ほど置いてから保護テープをはがし、乾いたヘナペーストを手でポロポロと落とします。
      指やバターナイフなどを使って、ポロポロと簡単に落とせます。


      翌日はオレンジがかっています。


      だんだんと酸化し、3日目には自然な茶色になります。

       


      肌になじみ、消えていく

      0

        ヘナボディアートの魅力のひとつは消えるということ。
        体になじみながら、徐々に模様が消えていくボディーアートです。
        インドではお守りとして親しまれていて、消えていくまでにその模様に込めた願いごとが成就するのです。

        ヘナボディアートはだいたい10日〜14日で消えます。
        100%天然のヘナは生活環境や、体質、年齢にとても敏感です。

        人によっては、消えてしまうのが早まったり、遅くなったりします。


        描いた翌日はオレンジ色がかって染まっています。
        2〜3日かけてだんだんと茶色が濃く変わっていきます。


        3日目:一番濃い茶色です。           6日目:やや薄くなってきました。



        12日目:だいぶ薄くなりました。 14日目:すっかり消えてしまいまうと少しさみしく感じます。

         

         


        ◇願いを込めるヘナボディアート◇

        植物染料ヘナで描く、約2週間で消えるボディアート
        インド伝統の模様に願いを込めて描きます

         ◎ヘナボディアート料金はこちら

        京都市山科区 
        地下鉄東西線 東野(ひがしの)駅ちかくの
        おうちサロンにて
        ヘナボディアートをお描きしています。
        詳しい住所はご予約の際にお伝えいたします。

        ■LINE 
        ID lovedchild 田中愛子(佐藤)を登録して
        ご連絡くださいね♪

        ■電話
        お急ぎのご連絡・お問い合わせはお電話にてお願いいたします
        080-6181−4110

        ■メール
        スマホからも使えるメールフォーム

        ■Facebookもやってます!
        女性歓迎♪
        リクエストお待ちしています(^-^)
        田中愛子(佐藤)のFacebookはこちら

         

         

        ◆無料メール講座! ヘナアートをカンタンに描くコツ知りたくないですか? 

         

        ヘナアートの模様の意味や、描き順が知りたい!という声にお応えして、

         

        無料のメール講座が出来ました♪

         

        写真たっぷり☆動画も合わせて分かりやすい♪

         

        一週間のメール講座が終わるころには誰でも伝統のヘナアート模様が描けるようになりますよ!


        『写真と動画で分かりやすい!初心者でも描ける♪願いを込めるヘナアート 伝統模様の意味と描き順』
        購読申し込みはこちら

         


        ■ヘナアートが描けるようになりたいあなたへ レッスン&スクール■

        「描いたことも描いてもらったこともないんです…」「絵心ないけど大丈夫ですか?」誰でも描けるようになる描き順とコツをお伝えします
        趣味のヘナアート基礎をしっかり2回コース

        「田中愛子さんのようにヘナアートを仕事にしたい」「スクールも開講できる講師になりたい」本気のあなたのための講師養成スクール
        ヘナボディアート講師養成スクール体験説明会

         

         

         


        | 1/1PAGES |