カテゴリー

【7日間無料メール講座】『写真と動画で分かりやすい!初心者でも描ける♪願いを込めるヘナアートレッスン』ヘナアート模様の意味と描き順が7日間メールで届きます♪
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

archives

ヘナアートの描き順◇お花のワンポイントデザイン

0

    レッスン受講生さんからのリクエスト企画第2弾♪



    アラビア式のヘナアート、お花のワンポイントデザインの描き方をご紹介します^^



    1.ドットを丸、二重丸で囲む

    2.しずくを上下左右、斜めにもくっつける。

    3.しずくを縁取るように、左から上、右から下へ一筆描きで丸い花びらを描く

    4.小さい花びらは外側に大きく太くする

    5.大きくなった花びらは内側に太くする

    6.全体に輪郭を太くすることで、花びらの形や大きさのバランスが取れます。


    つぎにツタ・つる草を描きます。



    7.花びらの隙間からくねくね〜とウェーブして伸びてきてくるん。

    8.くびれているところからも出てきてくるん。

    9.隙間にドットやしずくの花で飾ります。


    つたと、しずくの花の描き順も合わせて。



    10.花びらの隙間からくるん。

    11.さっきのくるんに沿わせて、花からS字に伸びてきてくるん。

    12.両端のしずくを、くるんに沿わせてカーブして描きます。

    13.真ん中のしずくを描きます

    14.その間のしずくを描きます。


    最後に茎のないバージョンの葉っぱ。



    15.花びらの隙間に、カーブに沿わせて、しずく。

    16.添わせて沿わせて

    17.だんだん小さくしていきます

    18.全体の形が三角になるように。

    隙間を四角やドットで飾って完成です♪



    描き順通りに描けば、キレイに描きやすいですよ♪

    やってみてくださいね〜!

    「こんなことが知りたい!」「ブログに書いてほしい!」のリクエスト、お気軽にくださいね〜♪  
     

     

     

    ◆無料メール講座! ヘナアートをカンタンに描くコツ知りたくないですか? 

     

    ヘナアートの模様の意味や、描き順が知りたい!という声にお応えして、

     

    無料のメール講座が出来ました♪

     

    写真たっぷり☆動画も合わせて分かりやすい♪

     

    一週間のメール講座が終わるころには誰でも伝統のヘナアート模様が描けるようになりますよ!


    『写真と動画で分かりやすい!初心者でも描ける♪願いを込めるヘナアート 伝統模様の意味と描き順』
    購読申し込みはこちら

     


    ■ヘナアートが描けるようになりたいあなたへ レッスン&スクール■

    「描いたことも描いてもらったこともないんです…」「絵心ないけど大丈夫ですか?」誰でも描けるようになる描き順とコツをお伝えします
    趣味のヘナアート基礎をしっかり2回コース

    「田中愛子さんのようにヘナアートを仕事にしたい」「スクールも開講できる講師になりたい」本気のあなたのための講師養成スクール
    ヘナボディアート講師養成スクール体験説明会

     

     

     


    ◇願いを込めるヘナボディアート◇

    植物染料ヘナで描く、約2週間で消えるボディアート
    インド伝統の模様に願いを込めて描きます

     ◎ヘナボディアート料金はこちら

    京都市山科区 
    地下鉄東西線 東野(ひがしの)駅ちかくの
    おうちサロンにて
    ヘナボディアートをお描きしています。
    詳しい住所はご予約の際にお伝えいたします。

    ■LINE 
    ID lovedchild 田中愛子(佐藤)を登録して
    ご連絡くださいね♪

    ■電話
    お急ぎのご連絡・お問い合わせはお電話にてお願いいたします
    080-6181−4110

    ■メール
    スマホからも使えるメールフォーム

    ■Facebookもやってます!
    女性歓迎♪
    リクエストお待ちしています(^-^)
    田中愛子(佐藤)のFacebookはこちら

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック