カテゴリー

【7日間無料メール講座】『写真と動画で分かりやすい!初心者でも描ける♪願いを込めるヘナアートレッスン』ヘナアート模様の意味と描き順が7日間メールで届きます♪
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

archives

描いたことも描いてもらったこともないど、描けるようになりたい!育休中に手に職をつけたい!

0


    8月27日はヘナボディアートスクール体験説明会でした

     

     

    最近ヘナボディアートを知り、描いたことも描いてもらったこともないけど

     

    描けるようになりたい!

     

    育休に手に職をつけておきたい!

     

    とお越しくださったMさん

     

     

     

    参加特典でお描きしたヘナボディアートは

     

    蓮と太陽のデザインでパワフル元気に!

     


    お友だちも一緒に来てくださりました(^_^)

     

     

     

    ヘナボディアートのアルバムの中から、これがいい!

     

    と選ばれたくじゃくのデザインをアレンジして。

     

    洗練された美しいラインのクジャクですよね♥

     

     

    ヘナコーンをお渡しして、ご自分でも自由に描いてみてもらいましたよ♪

     

     

    おひとりは見本を何も見ず、オリジナルのデザインを両手両足にたくさん描かれました!

     

     

    もうお一人は先に私が描いた手の甲のヘナボディアートに

     

    保護テープを貼ったので少し描きにくかったですね;

     

    見本を見ながら丁寧に描かれていました^^

     

     

    3月の育休が明けるまでにレッスンかスクールどちらかをやりたい!とお考えのMさん

     

    旦那さんとご相談はできたでしょうか^^

     

    ご連絡お待ちしていますね〜♪

     

     

     

    ◆無料メール講座であなたも描ける!伝統模様に願いを込めるヘナボディアート  

     

    ヘナアートの模様の意味や、描き順が知りたい!という声にお応えして、

     

    無料のメール講座が出来ました♪

     

    写真たっぷり☆動画も合わせて分かりやすい♪

     

    一週間のメール講座が終わるころには誰でも伝統のヘナアート模様が描けるようになりますよ!


    『写真と動画で分かりやすい!初心者でも描ける♪願いを込めるヘナアート 伝統模様の意味と描き順』
    購読申し込みはこちら

     


    ■もっとヘナボディアートを学びたいあなたへ レッスン&スクール■

    「描いたことも描いてもらったこともないんです…」「絵心ないけど大丈夫ですか?」
    誰でも描けるようになる描き順とコツをお伝えします
    はじめてのヘナアート基礎をしっかり2回コース

    「田中愛子さんのようにヘナアートを仕事にしたい」「スクールも開講できる講師になりたい」
    本気のあなたのための講師養成スクール
    ヘナボディアートプロ講師養成スクール体験説明会

     

     

    ◇願いを込めるヘナボディアート◇

    植物染料ヘナで描くボディアート
    インド伝統の模様に願いを込めて描きます
    2週間たち模様が消えるころには願い事が昇華し次のステージに進みます!

     ◎ヘナボディアート料金はこちら

    京都市山科区 
    地下鉄東西線 東野(ひがしの)駅ちかくの
    おうちサロンにて
    ヘナボディアートをお描きしています。
    詳しい住所はご予約の際にお伝えいたします。

    ■LINE 
    ID lovedchild 田中愛子(佐藤)を登録して
    ご連絡くださいね♪

    ■電話
    お急ぎのご連絡・お問い合わせはお電話にてお願いいたします
    080-6181−4110

    ■メール
    スマホからも使えるメールフォーム

    ■Facebookもやってます!
    女性歓迎♪
    リクエストお待ちしています(^-^)
    田中愛子(佐藤)のFacebookはこちら

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック